冷凍弁当 宅配サービス おすすめ業者ランキング!

 

冷凍弁当

 

当サイトでご案内している「冷凍弁当」は冷凍食品だけで作ったお弁当ではなく、常備菜やごはんなどを詰めて弁当箱ごと冷凍した手作りのお弁当です。

 

起床後に冷凍庫から取り出して自然解凍し、食べる前にレンジでチンすればOKですぐに食べられるので便利です。

 

これなら早起きして弁当を作らなくても済みますね。

 

私が宅配の冷凍弁当サービスを選んだ理由は時間の確保です。

 

私は現在フリーランスで忙しく働いておりますので、自分で食事を作る調理する手間&時間が惜しいのです。

 

自分でスーパーで買い物して自炊すれば約1.5時間くらいはかかります。この時間を仕事の時間にあてたかったのですね。

 

近くで外食という手も考えましたが、フリーランスは体が資本、健康第一なので外食オンリーでは栄養が偏ってしまうという不安がありました。

 

それらを全部解決してくれるのが冷凍弁当の宅配サービスだったわけです。

 

 

冷凍弁当のメリットを総括すると・・・
管理栄養士が考えた栄養バランスの良い食事で健康なカラダ。

 

自炊と比べるとスーパーに行く手間、料理する時間、洗い物をしなくて良い等、面倒な時間を節約して自由な時間を生み出す。

 

 

 

また、共働きで忙しい夫婦さんも、この宅配の冷凍弁当サービスを利用する方が増えています。

 

手作りをしてその後冷凍でも構いませんが、最近では「冷凍弁当」なる超便利な商品が発売されていますので、私は冷凍弁当の通販サイトで購入しています。

 

スーパーでも冷凍弁当は売ってます。

 

私はスーパーの冷凍弁当もたまに買いますが、スーパーの冷凍弁当と宅配の冷凍弁当は完全に別物だと感じています。

 

スーパーの冷凍弁当の価格はたしかにリーズナブルだけど、案外チープな商品が多いです。

 

宅配の冷凍弁当では、低カロリーのダイエット食、糖尿病食など、お客さまのニーズがある冷凍弁当が用意されています。

 

そのため、単身赴任のサラリーマンや、食事制限が必要な方もサービスを利用されています。

 

宅配サービスのNOSHさんに聞きますと一人暮らしの高齢者さんの利用も多いそうです。

 

冷凍弁当はコスパが悪そうと思われていますが、そんなことはありません。

 

例えば、NOSHの中でも私が好きな焼き鳥の柚子胡椒というメニューがあります。(540円)

 

似たようなメニューがファミレスのガストにも若鳥のグリル 大葉おろしの醤油ソースがあります。(699円)

 

品数はNOSHの方が多いにも関わらず約150円も低価格なのです。

 

また、消費期限は約半年もあり無駄にはなりませんので、結局は外食するよりは絶対にリーズナブルだと言えます。

 

 

結果的にコスパだけを考えると・・・・

 

自炊>冷凍弁当>外食 ということになって自炊よりは高いが外食よりはリーズナブルということになります。

 

 

 

ナッシュの冷凍弁当

 

コンビニやスーパーのお弁当もたしかに美味しくて悪くはないのですが、コンビニ弁当では糖質が平均で150グラムもあり栄養面で考えるとできれば避けたかったりします。

 

その点、ナッシュの冷凍弁当は栄養のプロである管理栄養士が栄養面を考えて作られたバランスのとれた食事(糖質30グラム以下)というカラダにとってのメリットがあったりします。

 

また、味という面でもナッシュの料理人には、フレンチシェフ、イタリアンシェフ、日本の割烹料理の板前などの一流どころが揃っていますから不味いわけがありません。

 

 

2019年10月から消費税が上がって外食は10%になりますが、宅配弁当は軽減税率の対象になって税率8%のままというのがうれしいですね。

 

公式サイトにはナッシュの料理人には、フレンチシェフ、イタリアンシェフ、割烹料理の板前などの一流どころを揃えていると書かれていて、実際に食べてみると味に関してはたしかに美味しいのウソはついていませんね。

 

 

注文する量について
節約派、コスパ重視の方は20食セットを一括購入されています。その方が送料が1回分で済むのでその分お得になるわけです。

 

しかし、20食セットをまとめて注文する方は、前もって冷凍庫のスペース、容量の事も考えておいて下さい。

 

私の家庭では10食セット(5,480円)で冷凍庫内がパンパンになってしまいますからスペースの事も考えて注文して下さいね。

 

普通の家庭用の冷凍庫のサイズですと10食セットで満杯になりますね。

 

 

 

  1. 低糖質食
  2. 低塩分食
  3. 高タンパク質食

 

ナッシュでは上記の3パターンの食事が用意されております。

 

私はカラダ作りのために高タンパク質食を選びましたが、糖尿病の方は低糖質食、血圧が高い人は低塩分食を選んでいますね。

 

お弁当のメニューも54種類から選べるので毎回の楽しみになっています。

 

 

冷凍弁当宅配は低価格?

 

NOSHのお弁当のスペック

NOSH 冷凍弁当

1食あたりの価格 548円〜700円
4食セット 2,800円(700円/食)
6食セット 3,880円(646円/食)
8食セット 4,780円(598円/食)
10食セット 5,480円(548円/食)
20食セット 10,960円(548円/食)
送料 1回目無料、2回目からは有料
お弁当のおかずの内容 主菜1品と副菜3品
味は? 個人的には気に入っています
解凍方法 電子レンジで約7分程度
お試しセット お試しサービスはありません

 

残念ながらナッシュ(NOSH)にはお試しセットは用意されていないのですが、初回は送料無料ですので2,800円(4食セット)だけでお試しできるとお考え下さい。

 

 

私が注文したNOSHの冷凍弁当

 

実際に私が注文したNOSHの冷凍弁当をご紹介しますね!

 

ちなみに、夕食は常にNOSHの冷凍弁当というわけでもなく、仕事が忙しくて料理するヒマがないという時に重宝していますね。

 

実際に我が家の夕食にも冷凍弁当の宅配サービスのNOSHを利用しています。

 

メイン、米・パン、スープ、デザートが用意されていますが、私が注文しているのはメインだけですが、常時70品以上の豊富なメニューから選べるのが気に入っていますね。

 

またユーザーを飽きさせないように新メニューも随時追加されてますね。

 

私がNOSHの冷凍弁当を実際に食べている様子を別ページでご紹介しています。

 

NOSH 口コミ

 

安く購入したい人は配達回数を減らすと良いですよ。

 

毎週4食セットを購入するよりも2週間に1回10食セットの方がトータルで見ると価格を抑えられます。

 

 

公式ページにはヘルシーなお弁当というキャッチコピーが使われています。

 

ヘルシーというと淡泊な味付け、なんとなく質素な病院食がイメージされますが、NOSHのお弁当はまったく違いますね。

 

全体的に野菜が多いイメージですが、本当に美味しいんですね。

 

食べ応えもありながら、糖質30グラム以下、カロリーも400kcal未満なので、ダイエット目的の方が多いというのもうなずけますね。

 

カロリー控えめという弁当は結構ありふれてますが、糖質控えめというのはあまり見かけませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

冷凍弁当業者の選び方

 

今では冷凍弁当の宅配サービスの業者が増えており、どの業者が良いのか迷うほどです。

 

数多い業者の中でどうやって良い業者の選び方についてご説明します。

 

今までは冷凍弁当というと・・・「美味しくない!高い!」という評判でした。

 

しかし、共働きの家庭が増えて需要が急拡大し、冷凍輸送も一般化したことで冷凍弁当の宅配が普及してきました。

 

 

 

 

運送業での人材不足と人件費のコストアップで運賃が上がっています。

 

特に冷凍輸送は一般貨物と違って温度管理が必要なので運賃は割高になります。

 

 

よって、運賃を減らすことがコストダウンにつながります。

 

〇〇〇円以上購入すれば送料無料サービスとか、定期購入すれば送料が安くしてくれる会社もあります。

 

少量のセットをいちいち宅配してもらっていては送料で割高になってしまいます。

 

冷凍食品なので日持ちがするので多少多めに買っても問題ありません。

 

 

 

食宅便

食宅便 冷凍弁当

食宅便のお弁当のスペック
1食あたりの価格 560円(税込)
送料 390円 ヤマト運輸
お弁当のおかずの内容 主菜1品と副菜4品
味は? 普通に美味しいです
お試しセット お試しサービスはありません

 

 

 

冷凍弁当宅配 ランキング

 

冷凍弁当宅配サービスを実施している業者を自分流にランキングにしてみました。

 

  1. NOSH (ナッシュ)
  2. ベルーナグルメの宅菜便
  3. ウェルネスダイニング
  4. ヨシケイ
  5. わんまいる
  6. ニチレイフーズダイレクト
  7. トオカツフーズの健康三彩
  8. ワタミの宅食冷凍「ワタミの宅食ダイレクト」